子供が伸び伸び育ちやすい環境づくり|一戸建て住宅購入のポイント

積み木
このエントリーをはてなブックマークに追加

親子の暮らし方

住宅

仲良く暮らせる形

親子二世帯など、ファミリー向け戸建て住宅は宝塚のニーズに合わせて設計されています。現在、宝塚では親子二世帯の住まいに、育児を加えた住宅が注目されています。親世帯が、孫との関係を深めることで生活面で活性化が生まれることが理由の1つです。孫の空間を間に挟むなど、新しい一戸建ての形が造られはじめています。お互いのプライバシーを尊重することは大事で、その点に配慮しながら親世帯が孫の部屋に出入りしやすい仕掛けをプランニングするのが大切です。親・子・孫の同居スタイルは、共用と共育ゾーン型です。1人の居場所作り、楽しく暮らせるコミュニティーの広がり、育児や家事や仕事などで協力や安心して活動できるケースが広がっています。また、親の老後も考え、バリアを軽減した設備導入も検討しておきます。

子育て向きの住宅

宝塚では幼児や小学生など、ファミリー世帯が多く在住しており、一戸建てに求めるのが部屋数です。住まいは子供たちが遊び・学び・成長することが優先されており、将来を見据えた造りがポイントです。宝塚のこうした子供中心で考えた一戸建ての特徴の1つには、独立させずに気配が感じられることがあります。新築一戸建てでは、家族が自然に集まる場所を作っておくことも有効と言われています。また部屋の最小必要面積をデータ化した結果、1人用で3畳、2人用で4畳半程度を確保すべき見解もあります。子供にも、広くなくてもある程度プライバシーのある空間を与えた方がよい考えで、仕切り方は性別の違いによっても変化させています。異性では後々は独立型、同性なら開放的な間取り、幼児期には自由な共有スペースとするなど、一戸建て住宅ならではの造り方です。